料理は基本こそ大事

こんにちは☆

梅雨が明けて、台風や大雨がありましたが、
いよいよ暑くなって来ましたね(^◇^;)!!

今年は災害レベルの猛暑日と言われている日が
続いている事もあって、晴れた昼間に外に出て太陽の光を
浴びるだけで、皮膚がジリジリと音を立てて焼けそうです(⌒-⌒; )

こういう暑い日は、先日ご紹介した『アマレット』
(杏仁豆腐)を是非、食べて見てください♫

・・・と言いたいところですが、
杏の種がもう無くなってしまったので、終売です・・・。

暑い日は『たまご色のケーキ屋さん』「夢かき氷」
食べて涼んでください(*^▽^*)

さて、
今日は親子丼にお付けしている小鉢の話です♪( ´▽`)

今の時期ですと、胡瓜や茄子を使った物をお付けしております。
特に胡瓜は食感と香りが季節にぴったりなので、重宝します☆
胡瓜の本当の時期は初夏!

今はハウス栽培で1年中あるのですが、
夏野菜は水分が多く体を冷やす作用があるので、
季節と、旬ってよく出来ていますよね♪

お題にもあるように、何が基本に忠実なのかと言いますと、
お出汁だったり、包丁だったりします。

お出汁は本枯節といって、スーパーなどではほとんど買うことが
できない、燻した後にカビ付けして、2年間熟成したものを使います。
昆布も羅臼昆布です。どちらも旨味、香りが違います。

それを天日塩と有機素材から作られた白醤油、京都の千鳥酢などを
使い味付けしています。

親子丼がしっかりと濃厚なので、うちの小鉢はとにかく、さっぱりと
お口直しの意味もあるので、甘みもつけず、酢の物にすることが
ほとんどです。

そして、胡瓜はスライサーではなくて、
よく研いだ和包丁で手切りです。
かなり切れるので、薄く切れますし、
何より細胞を崩さないので、
スライサーとは食感が全く違います。

食べていただき何か違いを少しでも感じていただければ
嬉しいです(*^▽^*)

見た目は地味かもしれませんが、
目に見えないところに手間とお金がかかるのが
日本料理です。

胡瓜を切ってます♪

胡瓜を切ってます♪

Minori Main business

Minori NEWS

コメントを残す