クッキーの焼き加減

こんにちは。
みのり農場の麻生真司です。

先日、プレーンクッキーをスタッフが焼いたのですが、
半分以上はお店に出せませんでした。。

理由は焼きすぎ!

僕はいつも焼き菓子はしっかり焼くようにと伝えています。
というのも、だいたいどこも焼きが足りなくて、
粉が出せる香ばしさや旨みが引き出せていないと感じる事が
多いからです。

焼き加減で同じクッキーや焼き菓子も全然変わります。
これはもちろんミルフィーユなどのパイ生地にも言える
事です。

少し例えとしては離れていますが、アイスボックスクッキーの
場合、ステーキのミディアムを目指して焼かないといけません。

焼きが足りない場合、白っぽく焼き上がり、小麦粉が粉っぽく感じ、
香りも足りません。

逆にこれもいけないのが焼きすぎ。
今回がこれです。

クッキー焼きすぎ汗

クッキー焼きすぎ汗

ホームページのサーバーの調子が悪く、
画像を縦に修正する事が出来ず申し訳ありません。。。
またホームページ自体も重くなってまして、
ページが切り替わるのにお時間頂いております。
本当に申し訳ありません。

画像の上が焼きすぎ。下がちょうど良い焼きです。

上は焼きすぎで香りが単調で、食感もガリガリ。。。
ちょうど良い焼きは香ばしさの中にもバターのミルキーな
香りも残りつつ、粉の香りも複雑(単調でないという意味です)。
食感もサクッ、ホロリ、国産小麦粉なのでほんのりネットリで
粉の食感がいくつも存在します。

単調さがない美味しさはもう一個食べたいという気持ちにさせて
くれます。

バター不足で大半の洋菓子店がマーガリンなどの加工油脂に
切り替えた中(もちろんこだわってバターをきちんと使うお店もあります)、きちんとバターやココナッツオイルなどの健康油脂を使い、
これまた他のお店はほとんどされない国産小麦粉でこだわって
焼いているのです。

いい材料ですから、勿体無いですしスタッフにもきちんと焼いて
いただきたいものです。

焼き菓子はシンプルですが、パティシエの基本技術の差が出る
商品だと思います。

ですから、スタッフには最低でも唐津で1番、常に佐賀県で1番
美味しいクッキーを焼くくらいの気持ちでいて下さい!と
お伝えしました。

そのためには焼きはもちろん、生地の仕込みから真剣にやらないと
いけないよと釘を刺しました。

クッキー。
簡単なようで、実はすごく試されている商品です。
ご購入いただいたお客様にはご感想いただけますと嬉しいです。

今後ともよろしくお願い致します。

Minori Main business

Minori NEWS

コメントを残す