卵の黄身の色はオレンジ色がいいの?

こんにちは!
みのり農場の麻生真司です。

今日は卵の黄身の色について
お話したいと思います☆

僕は卵の生産者なので、分かっているのですが、
一般消費者さんで1番よくある間違った認識があります。

それは「卵の黄身の色はオレンジ色がいいんでしょ?栄養価がたかそう。」というもの。

これを、本当にいろんな方とお話していて1番多い意見です!!
誰がこんな嘘を長年吹き込み続けているのでしょうか?

黄身の色が濃いオレンジ色の卵は着色してあるのです!
パプリカ抽出物やマリーゴールド抽出物などでです。
粉末とかではなく、人工的に抽出されたものです。

なので、みのり農場の卵は着色しておりませんから
自然なレモン色をしています(^_^)

しかも、着色したからといってそれで栄養価が上がる事はありません。

ちなみに、最近黄身の色が白い卵がありますよね!?
あれはお米や麦などを飼料で与えているからそうなるのです。
みのり農場はトウモロコシがメインなのでレモン色なのです♪
何が言いたいかといいますと、黄身の色は食べる資料の内容でも変わる
ということです。麦やお米は黄色くないですよね?
なので黄身に色が付きません。

トウモロコシは黄色なので卵黄も黄色です。
でもオレンジ色の黄身は何でしょう?

通常の飼料+着色料です。

白い黄身は通常の飼料を食べただけ。
でも、オレンジ色は着色。

みのり農場は鶏をお肉にする加工場も併設しております。
以前、着色した卵を産む鶏を捌いた事が何度かあるのですが、
そのような鶏の皮下脂肪はオレンジ色をしています。

そう、着色する色素は黄身だけでなく脂肪にも移るのです!

皆さんがスーパーで買われる若鶏の脂肪は白っぽい黄色をしている
と思います。若鶏は卵を産む前にお肉になるので、着色の飼料を与えないからです。

筋力トレーニングの栄養摂取に特化したマッスルエッグ

筋力トレーニングの栄養摂取に特化したマッスルエッグ

Minori Main business

Minori NEWS

コメントを残す